「職人の近代」3

この本には職人と芸術家、実用品とアート、
と言うような区別、違いに関わる話がたくさん出てくる。
私も今までこういう事を様々に考えてきただけに、
非常に興味深い。

芸術品とは何か。
(これは、私の考えだけどね。)
誰かの作った表現物が、
見るものに対して美しい、心地よいなどの、
良い感覚を呼び覚ますもの、であろう。
(現代のアートでは強い不快感を起こさせる事で、
人間の根源的な問題に気付かせようというようなものもあるが。)
そのものは、職人の作ったものであろうと、
芸術家の作ったものであろうと、(素人のものであろうと、)
そうした感動をもたらすものはアートと言えるだろう。
それは意匠やデコレーションが施されたものとは限らない。
そのものが単に用を果たすための合理的な構造でのみ、
形作られたものであってもアートとなりうる。
出来たものがどちらも芸術品になりうるにもかかわらず、
その作り手の人間のほうは、
アーティストと職人では、
やや気質において違いがあるように思う。
職人は、多分人を感動させようと思っていない。
完璧な機能性能を目指して真剣に作っている。
ただし仕事として成立させるために、基本的には、
ひとつずつに膨大な手間をかけたりはしない。
必要十分な時間をかけて最高の出来栄えをもたらすという、
合理性をわきまえている。
芸術家と言われる人はおそらくこういう風ではない。

なかなか是秀に到着しない…
続く
2017年07月09日 | Comments(0) |
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード