「職人の近代」5

メキメキ頭角を現して、
是秀はちょっと別格と言う程の名工になって行く。
この本にはいろんな面白い人が出てくるが、
やはり断トツでこの是秀自身が面白い。
優秀なストイックな職人でありながら、
非常に素直な自由な心を持っているというのか、
時に非常識、型にはまらない所がある。

この本の重要なキーになっているのは、
是秀の作った切出し小刀である。
大工道具とまでは言えない、
便利にちょっと使うナイフである。
鑿や鉋と違い役割にシビアさのあまりない道具である。
是秀は機能と全く関係のない装飾を施した、
「デザイン切出し小刀」とも言うべきものを、
たくさん作っている。
これがすごく可愛いんだ。
私はお魚型の小刀がものすごく欲しくなった。

私の母は自分でも刃物が好きと言っていた。
料理好きでもあったので包丁は大事にしていた。
日本橋木屋の梅次という包丁を愛用しており、
私も前のがちびた時にこれを買った。
この包丁は毎日使っている。
そしてもう一つ私がよく使う刃物は、仕事で、
ステンシルの型抜きをする時に使うカッター。
ご存知、大量生産の工業製品である小刀である。
安いものだが、刃にはそれなりにこだわっていて、
黒刃の鋭角に折れるタイプをまとめ買いしている。
ここで、この是秀のデザイン切出し小刀、
出番じゃないか!と思うわけです。
パチンと折るかわりに、砥石で丁寧に研いでやって、
これを使ったらどうだろうか。
写真で見る限り刃の角度とか凄く理想的で、
小回りが効きそうなんだけど!
今もあれば一本ゲットしたいが、
凄く高いんだろうな…それに私じゃ、
是秀の使い手資格試験に合格しないかも…

20170712075238bf3.jpeg

2017年07月11日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード