評価

自分の古い本棚から古い本を出してきた。
花田清輝の「日本のルネッサンス人」
これは彼の最後の著作らしい。
庭の本に出てきた人がまた出てきたりして、
そこがタイミング的に面白かった。
この人、博覧強記で、やけにマイナー臭い古い書物を、
うんと読んでいて、専門の、
国文学や歴史学者より場合によっては、
詳しいのではないかと思う。
しかし強気で自信家なところがちょっと嫌味っぽいの。
人と違う視点を持つことは意味があるんだけど、
自慢臭くなってしまう。

松岡正剛や加藤周一が私が嫌いなのは、
そういう感じがあるところ。
面白いんだけど好きになれない。
ものを知っているのはいいことだし、
自信があるのも悪いことではないけど。
南方熊楠はまさに博覧強記で自信家だが、
ちょっと桁が外れて馬鹿みたいなところがある。
本人は世間的な評価が低かったことを、
悔しがっていたのかなぁ。
ああ見えて宮沢賢治もかなり自信家で、
非常に評価されたいと望んではいた。
生きてるうちにはさほど有名になれなかった。
心中は複雑なものがあったのかもしれない。

そう考えると大抵の人は、
他人の評価がやはり欲しいのかもしれない。
おじろくの話じゃないけど、
全く評価されない事で、人は精彩を失っていく。
人間がそれだけ社会的な生き物だという証拠だが、
そこそこで満足することも大事だろう。
それと、他人の目ではなく、自分の目指す何かとの、
距離で評価と同様の満足を得ることも可能だ。
(作った刃物の出来栄えや高い岸壁を登りきること等)
私の好きな自由な人たちは、
そういう何かを持っていると思う。
そっちを重点的にしたほうが、
気持ちがいいんではないか。
2017年08月03日 | Comments(2) | 未分類
コメント
No title
南方熊楠は世間の評価なんぞは全く気にせず、超越したところが魅力なのです。
まさに大乗仏教の曼陀羅の精神性であるからね。
コブ爺 URL 2017年08月03日 15:24:04 編集
Re: No title
田辺に引っ込んだ頃はなんとなくそう言う気配ある気もする。
数学者の岡潔は奈良の田舎だったけど、
全くそう言うものはないっぽいけど。
なつ代 URL 2017年08月04日 06:46:54 編集

管理者だけに表示する
«« 評価の続き | HOME | 洗濯関係 »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード