怪談「耳なし芳一」

偶然目にした話だが、
夏になると保育園では耳なし芳一の話を、
読み聞かせるんだと、
そうすると子どもたちが、
日焼け止めや、虫除けスプレーを、
塗り残しの無いようにしっかりつけるからだと。
笑い話の類として流れてきたが、
私は、完全にゾッとしてしまった。

少なくともうちの子どもたちが幼稚園に行っているときは、
こういうものを園では使っていなかった。
虫除けスプレーは子どもがキャンプに行く頃には、
持ってくるようにと言われたが。
山では必要かもしれないが、
日常的にこれを多用すると、
必ず将来何人かはアレルギーになると思う。

以前虫除けスプレーアレルギーの大学生のことを、
やまでも書いたと思うが、
この子は虫除けの薬品成分のあるとこには居られない。
ベープマットなどもダメ。
セミナーに参加できないなど学業の面でも、
大きな不利益を被っている。

もはや完全に悪循環に陥っている。
体内の常在菌を殺した結果、免疫力が弱まり、
強いアレルギー反応が起こり、
ますます薬剤を使う事になる。
アレルギーの子の個別の対応のために、
教育現場の先生の仕事は増え、
時には命にかかわるので大きな責任を負う事になる。
すでに給食ではそうなっているが。
蚊は確かにある確率で危険を持ち込むものではあるが、
これを根絶するのが正解では無い。
殺菌、殺虫の恐ろしさを誰も言わない。
化学合成された香料の使いすぎについても、
抗生剤の使いすぎについても。
消費に関する限り「過多」に関しては、
嬉しい人たちがいるから、アナウンスされない。
2017年08月17日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード