足、脚、

山の最終日は10時間も歩いたのだが、
これは私の結構長い人生の中でたぶん最長記録である。
最後はかなりクタクタだったが、
特にどこが痛いというわけでもなかった。
あんなに頑健な娘は小指に水ぶくれができたらしく、
足が痛いというていた。
どんなに体が強く健脚であっても、
あんなチビの小指の横っちょの水ぶくれは、
やはり痛いのか、と思った。

私は普段から靴擦れ的なものはできにくい。
山靴を買ったお店のおじさんが、
いい足をしていると褒めまくってくれて、
その時はびっくりしたが、
おじさんが言った通り私の足は優秀なのかもしれない。笑
残念にも、脚は全然ダメだけど。

もう一つ普段から時々、
自分でマッサージしているのもいいのかもしれない。
足はたった20数センチの中にたくさん関節がある。
指に2個(親指は1個)、
指の付け根、そして付け根と足首の間、
甲のところにもある。
これが意外に重要である。
ここんところを普段気にならなくても、
指で触るとピリッと痛い所があったりするが、
そういう部分をよくほぐすようにしてやるとよい。
靴を履いている限り、
多かれ少なかれどこも靴と当たっているわけで、
極端に形があっていない場合は別だが、
当たって痛くなるのは、足のよくない場所なのである。
健やかな部分は当たっても簡単に痛くならない。
自慢くさかった?たまには許して。笑

自慢の種が少ない私としては、
これからは足と眼球の表面、この二つを、
頼りに生きていこうと思う。
2017年09月05日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード