「これがすべてを変える」2

著者のナオミ・クラインは、
精力的に大作を書き続けているが、
ショック・ドクトリンの見返しに出ていた写真を見ると、
爽やかな綺麗なお姉さんという感じである。
非常に若い。
今回の本の執筆中の時点では、
小さな子どもさんがいて、
一緒に絵本を読むシーンが出てくる。
お気に入りの絵本「ヘラジカを見たことある?」
はページの中に隠れているヘラジカを探す絵本である。
75回ぐらい繰り返し読んだ時、(!)
突然、息子はヘラジカを見ることはできないかもしれない、
ということに気づく。
彼女の住むカナダ、アメリカの北部で、
ヘラジカの数は激減している。
オイルサンド開発の行われているアルバータ州では、
仕留めたヘラジカの肉が緑色に変色していた。
オイルサンドの排水に含まれる、
有毒物質に汚染された水を飲んだせいでは、と言われている。

以前「ヘラジカの贈り物」という本を読んだが、
カナダの先住民の中にはほぼヘラジカだけに依存して、
生活してきたひとたちがいる。
現在も彼らには特別に、
ヘラジカをいくらでもとっていいという、
狩猟許可が与えられている。
この本を読んだ段階ではヘラジカはまだ沢山いたのに。

ナオミクラインは、
たぶん世界で最も多くの、
こうした情報を持っている人の一人だろう。
知っていることは辛いことである。
そういう知識こそ、皆が知るべきであるのだが。
多くの人は知ろうとしないという方に流れるが、
知りえた事柄を、その重みに耐えて、
こうして本にして多くの人に知らせてくれる、
彼女は偉大な綺麗なお母さんである。
2017年09月12日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード