フロンティアスピリッツ!

本はまだ途中だが、
驚くほど多様な生物が奇跡のような進化を遂げて、
繁栄するこの地球を、お釈迦にするとしたら、
主犯はアメリカだと思う。
アメリカというのが語弊があるならアメリカの作り上げた、
経済システム、文明の形、それを津々浦々に、
強制的に広げたことが原因であると思う。
これは前々から思っていたことが。

そもそもフロンティアスピリッツいう奴がいかん。
昔何で読んだか忘れたが、
アメリカの西部開拓時代の話。
血の滲むような苦労をして原野を切り開き、
耕地ができて小麦だのとうもろこしだの、
植え付けられるようになる、そうすると、
その場所は捨てられ、より奥の次の場所に行くのだと。
そうやって見捨てられた家と土地がいくつもあったらしい。
何らかの理由で住めなくなったから、
見捨てられたわけではなく、
「住めるようになったから」捨てられたのである!
フロンティアそのものが目的なのだ。
征服することに対する欲求がとにかく強い。
アメリカのキリスト教原理主義のかんがえも、
人間が世界の頂点であって、
なかんずくアメリカ人でなくてはならん。
こういうセンスは、
ごく良心的なリベラルな人の言葉の中にも、
ポロリちらりと出てくる。
「我々の内なる細菌」にあったのは、
第二次大戦の前後、ペニシリンの実用化に成功し、
原爆の投下で威力を確信したころ、
アメリカ全体がその技術力で世界を制覇したという、
全能感にわき返ったと。
その後大量生産大量消費のイケイケの時代に。
こう言う考え方が覇権主義の根底にあると思う。
強さへの憧れ、ネガティブに言えば好戦的で謙虚さなどない。
ま、ポジティブに言えば、常にポジティブってことか。
彼らにとって、
人間の先端技術で解決できない気候変動のために、
経済活動を停滞させることは、
敗北でしかなく決して認められるものではない。
2017年09月13日 | Comments(2) | 未分類
コメント
No title
今、爺が読んでいる「アメリカの鏡・日本」という1948年に出版されたヘレン・ミアーズの抄訳は、まさに正鵠を射ていて実に興味深い! 18,19,20世紀の列国間のパワーポリティックスが如何様に蠢いていたかが良ーく分かっちゃう。
コブ爺 URL 2017年09月13日 13:54:07 編集
Re: No title
ほう!それは面白そうやなぁ。
わかっちゃうんだ。
なつ代 URL 2017年09月14日 08:33:49 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード