「これがすべてを変える」4

CO2を作り出す化石燃料をなぜ使い続けるかというと、
化石燃料企業が掘り出し続けているからである。

それも今や従来のやり方で掘れる場所はもうなくて、
深い岩盤の中に入っている天然ガスを取り出すフラッキングなど、
環境負荷のひじょうに高いものに移ってきている。
フラッキングについては以前世界で詳しい記事があったが、
掘ること自体でCO2を大量に発生させるうえ、
大量の薬剤化学物質で、土地や水を汚染させる。
すでに農業に影響が出ているほか、
家畜や人にも様々な健康被害が出ている。
そんなことは一顧だにされない。
企業は株主に今年度同様来年も、
掘れる鉱脈を持ってますよという指標を出さねばならない。
この埋蔵量置換率100以上でなければ、
株主は離れていってしまう。
企業は何が何でもこれを維持し、掘り続けなくてはならない。
これに歯止めをかけることができるのは、
国が規制をかけることだが
環境問題に理解があった、期待されていたオバマも、
さんざん引き伸ばした挙句有効な手を打てなかった。
メルケルもそうである。

なぜかといえば、これらの企業が大金を、
ロビー活動、選挙資金の献金などに使う。
また回転ドアと呼ばれるシステムで、
企業のトップが、政府のメンバーになっており、
不利な政策をことごとく潰しているからである。
気候変動は左翼のデマであると言う系の書籍のほとんどは、
燃料企業からお金の出ているシンクタンクなどによって、
出版されており、世論の誘導にもおさおさ怠りない。
国連の気候変動に関する会議で決定された、
拘束力のない決議などには、ビクとも株価は変動しない。
株主も企業も力強くこれらを無視するほど、
自信を持っているからである。
2017年09月16日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード