FC2ブログ

アイヌの言葉

今読んでいる熊の狩人の本には、
アイヌの言葉がたくさん出てくる。
フップチャがトドマツの枝、
ヌプリコロカムイが山の神様、と言うように。
カタカナの羅列でとても覚えられそうに無いなぁと、
思っていた。
今日、本当に偶然、
アイヌ語を話す女子大生の記事が流れてきた。
私はなんて運がいいんだろうと思った。
これを読んで、こういう事かとわかった。
サンキューがサンク ユウなのと同じに、
アイヌ語のカタカナの並びも、
当然いくつかの単語でできたものなんだね。
それもその中身というか表現がとても面白い。
言葉を学べば考え方がわかるというが、
まさにアイヌの人たちの思考法、自然観が、
言葉の中に詰まっている。

アイヌ民族は本州の北側半分くらいに住んでいたが、
どんどん追い詰められて北海道に残った。
東北地方にはたくさんのアイヌ語源の地名が残っている。
南には南の人たちがいたが、
アイヌは明らかに先住民の一つであるから、
現在の日本人の思考法や世界観の中に、
アイヌの人たちの考え方も混ざっているに違い無い。
民芸館にはアイヌのアクセサリーや、
着物がたくさんのあって時々見る機会があるが、
あれらも素晴らしい。
熊の本の姉崎さんはお母さんがアイヌで、
お父さんはシャモだったが、父さんが早く死んで、
母さんのつながりのアイヌ民族のコミュニティで育っている。
お母さんはあの独特の、
口ひげのような入墨を入れていたという。

https://forbesjapan.com/articles/detail/28565/4/1/1
2019年08月17日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
«« あの動物 | HOME |  »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード