FC2ブログ

ショック・ドクトリン7

ポーランドでワレサの連帯が勝った時のことは
よくおぼえている。
私は、遠い日本からめちゃくちゃ陰ながら応援していたのだ。

ポーランドはこれからどんな国をつくるのかと期待して見ていた。
しかし、私にはその後のなりゆきが全く理解できなかった。
ワレサは急速にフェイドアウトして、消えた。

新生ポーランドは共産主義時代に膨らんだ債務に苦しんでいた。
こんな時の為にあるはずのIMFはこれを見殺しにし
にっちもさっちもいかなくなったタイミングで
救済と引き換えに、市場の自由化を受け入れさせたのである。

連帯はその目指したものと、180度反対に舵を切ることになる。

この本を読んで初めて、そういうことだったのかと納得した。


マンデラの南アであったこともまた、くやしくて悲しい…
全戦全勝のシカゴ学派である。
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード