FC2ブログ

昆虫食

今年は蝉が多いなぁ。
我が家の庭はすでに穴だらけである。

地上生活を終えかけている蝉を、
ワイルドなうさぎちゃんは容赦無く捕まえる。
この前も、暗くなってから大騒ぎしているので、
家に入ろうと捕まえたら、お口からセミの翅が…
あとコガネムシはどんくさいのか、
よく捕まっている。
公園ではフォバリング中のトンボを、
捕まえようと、大ジャンプを見せていた。
けっこう昆虫食べているのではないかと思う。
季節の味覚、旬の味?!

身体の形が変わってきていて、お腹も冷えて、
予定通り異常に元気になっている。
まだ途中なのに…
仔犬時代のイタズラが少し復活して、
また出かける時は閉じ込める必要が出てきたかも。
嬉し恐ろしい。
2016年08月01日 | Comments(0) | 動物

うさぎちゃん問題、ひさびさ

久々にうさぎのことです。
うさぎの身体はイマイチ普通でないのですが、
本人はエネルギーがあるので、
変わりなく元気に生活しています。

問題は背中がやや猫背で、
背骨が尻尾の方に下がっている。
これは鹿の体型です。
うさぎは鹿ではなく犬なので、おかしい。

実はうさぎは背中にハゲが二カ所あって、
大きさから見ても、仔犬にとっては、
かなり深刻な怪我だったと思うのです。
多分うんと小さい時に大きな犬に噛まれたのではないか、
これが成長の遅れた原因ではないかと、
私は前々から想像していました。
やはりハゲの箇所は毛が生えてないだけでなく、
中の方にも問題があった。
気長にここをマッサージしてやるうちに、
何と無く凸凹がなくなり、
全体にスムーズな毛並みになってきました。
そうなると背中の真ん中が自然と凹んで、
後ろの方が上がってきた。
まだ完全ではないのですが、
なによりお腹の熱っぽいのが取れてきたので、
やっと光明がさしてきたと思っています。
何とかこれでいい方に向くのではないかと思います。

今以上に元気になる可能性があって、
そこは怖い。
先日もうさぎの激しい瞬発的な動きにたまげた、
見知らぬお婆さんに、
「あなた怪我しないようにね」と、
心から心配されました。
気をつけますと答えた私…
2016年07月19日 | Comments(0) | 動物

ぺっかさま

今朝もぺっかに会って遊んだ。
ぺっかは、ミミズが大好きで、
ミミズの上を転がり回って匂いを付けるのが趣味らしい。
生のミミズ?と聞いたら、
乾燥でもよくて、その場合は口の中で、
少し戻してから使うそうである。
戻して…正しい乾物の扱いである。
恐るべし、ぺっか!
2016年07月05日 | Comments(0) | 動物

うさぎの友達

うさぎちゃんの友達にぺっかという犬がいる。
二匹はよく走り回って遊ぶ。
石垣島から連れてきたという保護犬で、
琉球犬という在来種らしい。
様子は柴をほっそりさせたような感じ。
この子は凄く足が速く、敏捷である。
うさぎもどちらかというと速い方だが、
ぺっかの方が速い。
ぺっかは走ってくれる相棒が好きだから、
ノリのいいうさぎちゃんは、
友達認定されているというわけだ。
しかしこう暑くなると、うさぎもイマイチである。
ぺっかはさすがに暑さに強い。

ぺっかという名前が可愛くて、
飼い主に聞いて見たら、
北欧の絵本にこの名前の犬が出てくるのがあるという。
飼い主のお姉さんはいつもセンスが良くて、
ちょっと洒落ている。
ペルシャ人のような裾が丸く膨らんだズボンなんかを、
はいているが、これがよく似合う。
絵本からとったというあたりも含め、
絵描きか、デザイナーかそんなお仕事ではないかと、
睨んでいるがどうだろう。

私はといえば、
何をしている人だろう、なんか怪しいと、
見られているらしくて、
そういうことはよく言われる。
今回の個展で絵を描いていることがばれた時、
絶対普通の奥さんじゃないと思ってたわ、とか。
個性的なおしゃれにキメてるわけでもないし、
どこらへんから怪しさが滲み出しているのか…
2016年07月04日 | Comments(0) | 動物

ウサギのみかんちゃん

うさぎちゃんは今日公園で、
みかんちゃんという名前のウサギちゃんに会った。
最初ひも付きで動き回っていたので、猫かと思った。
うさぎが近づいた頃は、お父さんが抱っこしていたので、
無事に狩らずにすんだ。
あむない、あむない。
良かった。
ウサギはかなり可愛かったよ。

お母さんがうさぎを可愛がってくれた。
オレンジなんとかって種類だから、
みかんちゃんと名付けたらしい。
日曜日は時々くるから、
また会うかもねって。
あむない、あむない。
2016年07月02日 | Comments(0) | 動物

カエルさんまた登場

うさぎはもしかしたら家の中にいても、
庭のカエルの活動がわかるみたい。
ぽちゃんだかガサゴソだか音がするのか、
カエルくさい匂いがするのか…

変な警戒の声を出すから庭に出したら、
出るなり暗闇の一角に向かって、
警戒感レベルマックスの体勢をとり、
ジリジリと近づいて、
飛びかかって行ったところにかえるが!
私には見えも聞こえもしない。
慌ててつかまえて、犬の方ね、家にいれた。
カエルさんごめんね。

カエルさんが居たのは、
カエルコーナー周辺じゃなかった…
がっくり。
2016年06月25日 | Comments(0) | 動物

カエルさんコーナー完成

20160622081853b97.jpg

写真だけみると、
和のテイストでちょっとすごいでしょ。
大きい方の甕にはでかい金魚が、
一人暮らししている。

昔誰だか忘れたが、子供電話相談室の回答者をしていた先生の本で、
「金魚は幸せなのか?」という小さい女の子から質問があったと。
それね、私も前から聞いて見たかったとおもったけど。
どうなんだろう。
何と答えたかは不明。

一個100円の布袋草と、こちらは少し高かったが、
睡蓮を買っていれてみたが、咲くだろうか。
小さい器には、カエルの置物に登ると、
入りやすいんじゃないかと…いらんお世話か。
ま、カエルはぴょんとできると思うが。
カエルの置物の上にカエルが乗ってるところが、
ちょっと見て見たい気がして…

最近は暗くなって庭でうさぎがなんかやってると、
カエルをいじめてるんじゃないかと、
気になって仕方ない。
ほんま、バカみたいな話だけど。
2016年06月22日 | Comments(0) | 動物

先住民とご対面

昨夜庭でうさぎがカエルと対面した。
いわゆるガマガエルってやつである。
最初はうなっていたが、尻尾をさかんに振って、
遊びたい様子でもあった。

きょうび両生類は絶滅の一途をたどっている。
何とかこのガマさんには元気で、
機嫌良く暮らしていただきたい。
うさぎが嫌で逃げちゃうかなぁ…
うちと庭が接している他の家の庭も含めて、
テリトリーなのかもしれない。
繁殖期以外あまり水を必要としないらしいが、
乾いた時ちょっと肌を湿す水場があるといいかなぁ。
庭にある適当なものに水が溜まるようにするか。
蚊がふえるかもしれんが、
ガマ氏が食べてくれるんじゃないだろうか。
急にガマさんの環境を気にするわしである。

親戚のカエルの先生の本によると、
カエルは平和主義者、逃げるが勝ちがモットーで、
誰とも戦わないらしい。
あれは何歳ぐらいなんだろう。
いつからここいらに住んでいるのか。
2016年06月19日 | Comments(4) | 動物

暑い一日でした。

最近の犬の飼い主さんは、
水やの氷やのいろいろ準備して散歩している。
うちはウンチの紙とビニール袋だけという、
貧しい装備。
人様に、うさぎちゃんも飲む?
とか言われて、おごってもらって、
そこのうちの子よりごぶごぶ飲んで、
たまに水をひっくり返したり、実に申し訳がない。

姉が誕生祝いに金一封をくれたので、
それでお肉を買い、
新しい散歩バッグ(ピピンのお古のボロクソだったし)と、
広口のペットボトルを買ってやった。
うちにあったチタンのアウトドア用のコップも、
うちにあったカラビナで付けた。
(うちはなんでもあるなぁ)
私は急に今時のかっこいい飼い主になった。
リードはもともと山用のロープだし、
うさぎは、ちょっとした登山家のような犬になった。
暑がりのうさぎは、さっそく氷を喜んで、
草っ原で休憩しながらガリガリ食べていた。

公園の水場では小学生たちが、
大きなペットボトルに水をいれて、
盛大に頭からかぶるという楽しそうな遊びをしていた。
男の子も女の子も、びしょぬれ。
要するに今日はそれほど暑かったのであるな。
2016年06月17日 | Comments(0) | 動物

最近のうさぎ

20160613093350c01.jpg

うさぎさんは猟犬のさがで、
動くものには強力に注目してしまう。
おもに鳥や昆虫などだが、
もちろん人間も対象である。

特に変わった動きをしている人間を見つけると、
とことん気になってしまう。
例えば公園でシャドーボクシングに、
励んでいた青年。
不自然なほど近づいて!ガン見していた。
(私は遠ざかろうと努力したのだが…)
ついにお兄さんが気がついて、でへへへになってしまい、
うさぎを撫でてくれたので、
ま、大喜びしてその時は終わった。
二日後くらいに、
うさぎがお兄さんに突進するので何かと思えば、
この前のシャドーボクシングの彼であった。
今回は芝生に座っていたのに。
よく覚えていたなぁと感心した。
いいお兄さんで良かった。

シャドウゴルフのおじさん、
体操をするお兄さんなども超注目である。

先日の体操のお兄さんも、
間近でおすわりをして!ガン見していて、
(うさぎが見る時はたいていガン見になる)
お兄さんが体をひねる運動に入った途端、
後方にいたうさぎと目があって、
完全にビビっていた。
その時はお兄さんの仲間たちがいて、
その子たちはうさぎが視界に入っていたので、
彼の狼狽ぶりは完全に大受けであった。

そうやって近所のグラウンドの利用者たちの日常に、
ちょっとした話の種を蒔いている、
ご苦労なうさぎさんである。
2016年06月13日 | Comments(0) | 動物

水玉!縞!

2016060907164847a.jpg

@MeetAnimals: A baby quoll https://t.co/GOLZS8Uacq

フクロネコの赤ちゃんです。
オーストラリア、ニューギニアにいます。
猫とはいえ、タスマニアンデビルに近いらしい。
袋は有袋類のふくろのこと。

しかし素敵な模様やねぇ。

20160609072604f9e.jpg


@MeetAnimals: A young warthog https://t.co/T09cdsnkB8

こちらはイボイノシシのちび。
こちらも素敵!
2016年06月09日 | Comments(2) | 動物

うさぎちゃん問題

うさぎちゃんの下半身問題は、
少しづつ改善している。
前足の脇の下に当たる部分、
おまたの付け根、最後尾は、
うさぎちゃんの女陰の脇がポイントである。
(単語の選択これで良かったかな…)
ここが後ろももの硬い筋肉とガッチリつながっている。
背筋と骨盤を繋ぐ筋も柔らかくする必要がある。
身体のどこでもお臍の真ん中、
お腹とつながっているので、お腹も必要。
身体が動くと、熱が出るので、
下腹部が熱っぽくなる。
そんな時は暑がって午後の散歩では、
すぐ草にぺたりと腹ばいになる。
家を出る前に水でお腹を濡らしてから出るのだが、
これが少し可哀想である。
本格的な夏までに体が落ち着くといいのだが。

まだしっぽは真上を指す程には上がっていない。
それでもお尻の飾り毛がムシャムシャだったのが、
自然な流れになった。
よくない場所は毛が変にカールしてはねる。
あとはウエストのくびれがだいぶ出てきて、
赤ちゃん寸胴体型を脱してきた。
多分もう少し長さが伸びるだろう。
前足も結構かかったから、
後ろ足はもっとかもしれない。
ただ痛みがないから少しは気が楽である。
2016年06月06日 | Comments(0) | 動物

ロバ好きのわしには、

2016060517340279c.jpg

たまらん写真である。
「私のろばベンジャミン」という絵本を、
思い出させる。
ギリシャが舞台の写真絵本で、
まあるい小石を敷き詰めたギリシャのお家の様子も、
ものすごく興味深いし。
自分のロバが欲しくなる。
ロバってこういう風にしたくなるもんだよ…

20160605192657479.jpg
2016060519270043c.jpg

女の子の名前はスージー。
二枚目は二人がこれから寝るところ。
室内の床がこういう石ころだらけなの!
綺麗な模様付きで。
中庭のシーンもあるけど、そこの床も全く同じ。
2016年06月05日 | Comments(0) | 動物

感動的そっくりさ!

20160528074542238.jpg

完全に一致。
2016年05月28日 | Comments(0) | 動物

うさぎの下半身問題

うさぎちゃんの後ろ足に関しては、
改善が見られます。
もう一つおっぱいのハレがひかない感じがするのが、
ちょっと気がかりです。
何らかの問題があってチビだったわけなので、
いろいろ問題は隠れているような気がします。
でも左手はほぼ完治しましたし、
動物は人間より修復力があるから、
そこに期待してます。
うさぎはそれに元気があるというか、
生命力が強い気もしますし。

西洋医学の医者は写真に映るものや、
血液検査の数値など、
目に見えるものしかみようとしないし、
それ以外はやる気もないし実際やれない。
それらは状態を表しているのは間違いないけど、
ごく一部です。
生き物の体はそれだけじゃなくて、
もっといろいろ複雑です。
命は複雑で偉大で、
なんと興味深いものでしょう。
驚くばかりです。

なぜか本日はコメントの返信が送れません。
ごめんなさい。
PCもまた複雑で理解不能です…!
2016年05月12日 | Comments(0) | 動物

最近のうさぎちゃん問題

うさぎちゃん問題は、
主に主戦場を後ろ足にシフトした。
痛みは出ていないが、足が後ろ方向に伸びにくい。
ちょこちょこ歩きになる。
いろいろわかったことは、
手と肩甲骨の関係は、骨盤と後ろ足の関係に、
そっくりであるということ。
肩甲骨は背中の真ん中を中心に両外が下がり、
骨盤は後ろに傾斜するという状態が良くない。
うさぎちゃんはピーちゃん先輩に比べて、
尻尾が高く上がらないのも、
骨盤が水平になっていないせいであろう。
骨盤を後ろに引っ張っているのは、
たぶんモモの後ろの筋肉ではないかと思う。
骨盤が下がったまま固まった状態が改善すれば、
自動的に足は後ろに伸びると思う。

2016051007125399c.jpg

だいぶ大人っぽくなったでしょう?
こういうアップの写真は以前は不可能だったし。

ま、そんなわけで、今日は、
決死の覚悟で上野に行ってくる。
もっとざーざーぶりになれ!!
2016年05月10日 | Comments(1) | 動物

ママライガーの手!

201605081942387f6.jpg

@planetepics: Mama liger and her cub 😊 https://t.co/cbLoItUjJb

ライガーは赤ちゃんは虎っぽいのに、
大きくなるとライオン風になるんだね。
ママの尻尾はとらみたいに太いけど。
2016年05月08日 | Comments(0) | 動物

デカイ!

20160505095416c63.jpg

ママだかパパだか知らんけど、
デカイ手じゃないか?
というか赤さんが小さいというべきか。
2016年05月05日 | Comments(0) | 動物

うさぎちゃん関係

うさぎちゃんの左手は、ほぼ良くなった。
素人目には全く正常に見えるだろう。
クロウトの私には散歩から帰ったあとなど、
たまにチラッとかばう様子が見える。
ケロっと治らないのは、人間が気がつく前から、
ねじれて無理がかかった状態で使っていて、
関節の周辺がいたんでいたのかもしれない。
それは自然治癒に頼るしかない。
とにかくこの二ヶ月近い不調で、
肩から足首まで左は右より細くなってしまった。
すごいものである。
これが同じになるまでは信用ができない。
ただ、かなり使うようになって、盛り返してはいる。
とにかく今も成長は止まっていないので、
まだしばらく見てやらないといけない。
幅が広がった分長さが足りない感じがするし。

ボンが都合三回あった。
最後のボンでは肋骨がしたに向かって、
ぐっとせり出した。
毎日どっかしら体を触っていたのでわかった。
お腹がわの肋骨の終わったとこ、
おへそのあたりをマッサージしていて、
前と全然角度が違って驚いた。

しかし、こういうのは全体に徐々にやって欲しい。
ほんと恐ろしい。
いいのかよ…うさぎ…と思うよね。
2016年04月28日 | Comments(0) | 動物

お散歩解禁

昨日、外の散歩にひさしぶりにだしました。
まだ完璧ではないけど。
ちょっとあげる、かばう傾向は残っています。
でも鼻ずらを地面すれすれにして、
匂いを嗅ぎながら、前足を回すように掻いて、
素早く進む猟犬特有の歩き方をするようになりました。
カーブする時、外側になる肘がぐっと張り出すのですが、
それがまだ左手は充分でない。
ただ、中から中から膨らんでくるので、
しょうがないです。
とりあえずめでたい。
うさぎは散歩にいけない間、庭に出していたのですが、
私は草むしりがいっぱいできて良かった。
辺境地帯を作らないが今季の目標です。

あと今日、牡丹一番乗りがさきそふぉん!
2016年04月18日 | Comments(0) | 動物

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード